厚木県央ロータリークラブ

例会日: 毎週金曜日
時間 : 12:30
場所 : 厚木アーバンホテル
ログイン

第994回 例会「米山奨学生卓話」

例会


開催日 2019年9月13日(金)12:30~
例 会 「米山奨学生卓話」
担 当 職業奉仕委員会
講 師 地区米山奨学・米山学友委員会 三荒弘道様(平塚RC)
    ンドラシリ・カズミランディガーさん(米山奨学生)
会 場 厚木アーバンホテル
週 報   第994回週報




例会

【今日のお花】
スプレーデルフィニウム(ヨーロッパ・北アメリカ)
花言葉(陽気・軽やか・傲慢)

例会

【会長タイム】
今日は米山奨学生の卓話例会です。私たちがお世話しています 劉 夢亭さんが、イギリスに留学中ですので、スリランカから留学中の ンドラシリ・カズミランディガーさんをお招きして卓話をお願いしております。カズミランディガーさんは東海大学に在学中です。

ところで、みなさんは「なぜ米山梅吉氏は留学生支援」に力を注いだのかご存じでしょうか? 聞きかじったお話を少しだけさせて頂きます。第二次世界大戦敗戦後の日本。米山梅吉氏は「今後、日本の生きる道は平和しかない。それをアジアに、そして世界に理解してもらうためには、一人でも多くの留学生を迎え入れ、平和を求める日本人と出会い、信頼関係を築くこと。それこそが、日本のロータリーに最もふさわしい国際奉仕事業ではないか」と考えました。それから60年余の歳月が流れましたが、”民間外交として世界に平和の種子を蒔く”という米山奨学事業の使命は一貫して変っておらず、留学生への支援は、未来に向かって平和の懸け橋をかける、私たちロータリアンの尊い奉仕なのです。また、今日の世界情勢と日本の置かれている状況を考えれば、その使命はますます重要性を増しています。

本年度の会長方針にも 米山記念奨学金一人2万円以上の寄付を掲げております。米山奨学生支援の理解をより深めて頂き、みなさまの温かいご支援をお願い致します。



例会

【例会】「米山奨学生卓話」
スリランカは仏教国で,世界で最初に女性が首相になった国です。スリランカでは子供は結婚するまで親と同居します。私の父と母は会社の社長で,姉はイギリスで教会と小学校の先生です。妹は日本に留学しています。
 私は茨城県筑波に生まれ、5歳までいました。テクノロジーを勉強したくて2014年に来日し,9か月間、早稲田大学で日本語を学び,その後,東海大学でソフトロボシステムの研究をしています。
 2014年から米山奨学生になりました。それまでは日本で一人暮らしで友人もあまりいませんでしたが、米山奨学生になってからは友達ができるようになって嬉しいです。優しい人とたくさん会えましたし、困っている人を助けることや奉仕の心も学んだと思います。
将来は私が学んだテクノロジー技術を通して,スリランカに貢献したいと思っています。